痛風を改善して元気になろう|スタスタ歩く足

男女

睡眠障害の治療

女性

睡眠時無呼吸症候群の治療の一つにシーパップがあり、鼻から気道に向けて陽圧を発生させ空気を送り込みます。今後は治療が困難だった人への新薬開発が期待されており、同時に血圧上昇や心血管病のリスクについても研究が求められます。

Read More...

痛い思いをしたくないなら

医者

食生活に気を付ける

痛みを伴い日常生活に支障をきたす病気のひとつが「痛風」です。痛風は、尿酸が体内に溜まることで膝や足首などの関節に激しい痛みを伴う炎症を起こす病気です。痛風は男性に多い病気で、血液の尿酸値が高い状態が続くとある日突然発症します。関節部の腫れや激しい痛みを伴い、立つこともままならないということも少なくないのです。尿酸値が高い状態は、その人の体質や排泄頻度の低下など様々なことが原因で起こりますが、ビールなどのアルコールの摂取や甘い食べ物などの過剰摂取によっても尿酸値が高まります。痛風を発症しないためにも定期的に尿酸値を測るなどの検査をすることが予防になりますが、日常の食生活を見直すなど健康的な生活を心がけることが大切です。

必ず治療することが大事

痛風が発症した時は、激しい痛みを伴いますが痛みは永続的に続くわけではなく、多くの場合は数日で改善していきます。しかし、そのまま治療せずに放置しておくと発作を繰り返すようになって症状が悪化したり、尿路結石や腎障害など更なる病気を引き起こす可能性があるので危険です。痛みが出た時は早急に治療をすることが大切です。痛風の治療は一般的に、関節炎を抑える治療と尿酸値を抑える治療を行います。関節炎による痛みが出た時には、非ステロイド抗炎症薬を投与して炎症を抑えます。そして、痛風の要因となる尿酸値を下げるために、繰り返し発作が起きるような時には尿酸生成抑制薬などの尿酸を抑える薬を使用します。また、尿酸値を高めるアルコールなどの摂取を控えることも大切です。

症状を知り病院へ行こう

病院

いびきがうるさい、夜中に目が覚める、眠った感じがしないと言う方は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと言われています。呼吸がストップしてしまうのは怖いことですので、医療機関へ行き治療を受けましょう。

Read More...

最新の治療方法

女性

がん治療は今まで抗がん剤が一般的でしたが、近年は免疫療法と言って新手の治療方法が話題を集めています。自己免疫を元気にして体内へ戻すことで、がんと戦って治すことが出来ると言われています。

Read More...