痛風を改善して元気になろう|スタスタ歩く足

男性

症状を知り病院へ行こう

病院

大きないびきをかく方がいますが、このような方は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。睡眠時無呼吸症候群になると良く眠れたと思っても、日中に眠くなることが多いです。7時間以上も寝ているにも関わらず昼間に強い眠気が襲ってくる方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますので呼吸器内科などで診察をしてもらった方が良いです。睡眠時に30回以上も呼吸が停止する方は睡眠時無呼吸症候群と言われています。中には1時間に5回以上も数秒間呼吸が止まる方もいます。質の良い睡眠をとるためには睡眠時無呼吸症候群を改善しなければいけません。この疾患は近年有名になってきており、専門の治療医院もあります。本格的に治療を始めたい方は専門的な呼吸器内科へ通院をしましょう。

自分が睡眠時無呼吸症候群か知る方法があります。まず1つ目は日中に襲ってくる眠気です。我慢出来ないくらい毎日睡魔が襲ってくる方は、呼吸が一時的にストップしている確立が高いです。2つ目はいびきです。いびきをかくのは当たり前なのでは。と思っている方がいますが、いびきは喉が圧迫されていることで起こります。喉が圧迫されると気道が狭くなってしまいますので、呼吸が出来なくなってしまうでしょう。3つ目は睡眠時に呼吸が止まるです。自分では分からないですので、ご家族などに様子を見てもらうと良いでしょう。他にもトイレで夜中何度も目が覚める、起きた時に頭痛がする、集中力がないなどの様々な症状があります。これらは睡眠時無呼吸症候群が関係している場合も考えられます。