痛風を改善して元気になろう|スタスタ歩く足

男性

睡眠障害の治療

女性

器具を装着するメリット

起床時にだるさや倦怠感を感じる、イライラや不安が取れない、眠くて仕方が無いという場合は無呼吸症候群の可能性があります。睡眠中に起こる睡眠障害の一つで、10秒間以上呼吸が停止するため生命にも関わります。この治療は専門外来で行いますが、治療に用いられるのはシーパップとマウスピース、外科的手術があります。3つの方法から最適だと思われる治療が行われるため、症状や年齢に合わせて一人一人異なります。無呼吸症候群で有効な治療方法の一つシーパップは、持続陽圧呼吸療法と呼ばれ鼻に特殊なマスクを取り付けます。鼻から軌道に圧力を加えた空気を送る事で、気道内に人工的に空気を送り込みます。そして舌が気道閉塞しないようにする事で、呼吸を助け睡眠をサポートします。

今後の治療展開

日本では睡眠障害の患者は年々増加しているため、根本治療も併用して行う必要があります。睡眠障害を引き起こす原因としては、日常生活で感じるストレスや欧米化の食事、運動不足等が挙げられます。食事療法と運動療法を取り入れる事で、無呼吸症候群の治療をスムーズに進める事にも繋がるため、同時進行が鍵となります。睡眠時無呼吸症候群の今後の治療展開は、これまで難しいとされてきた人にも積極的になれる取り組みが期待されています。一部のアレルギー性鼻炎患者や鼻ポリープがある人は、陽圧がかけられないと避けられてきましたが、この人達にも前向きな治療が求められます。そして睡眠時の無呼吸に伴う血圧の上昇と心血管病のリスクについても、研究が必要です。